制御不能で地上に激突!航空機事故

制御不能で地上に激突!航空機事故
スペイン、スパンエア旅客機事故

事故の状況が、CGで再現されています。(同、動画は下記引用記事の下へ)

マドリードのスパンエア機事故、死者150人以上
【8月21日 AFP】(一部更新)スペイン・マドリード(Madrid)のバラハス(Barajas)空港で20日に起きた、同国スパンエア(Spanair)の旅客機が滑走路を外れ炎上した事故で、スペイン政府は同日、153人が死亡、19人が負傷したと発表した。
 マグダレナ・アルバレス(Magdalena Alvarez)開発相によると、事故機には乗員10人を含む172人が搭乗していたが、このうち153人が死亡した。また、負傷者19人のうち17人の身元は確認されていると述べた。
 現地のメディアが目撃者の証言として報じたところによると、スペイン領カナリア諸島(Canary Islands)のラスパルマス(Las Palmas)に向かう予定だったスパンエア5022便(MD82型機)は離陸の際にエンジンの1つから出火したという。
 事故後、バラハス空港は離陸を全面的に中止、到着便の数も制限されているため到着予定の約30便に最大7時間の遅れが出ているという。(c)AFP/Denholm Barnetson




事故の様子がCGで再現されています。
これによると、離陸滑走の時点で、コントロールが効かなくなり、滑走路をはずれ、そのまま離陸したが、結局失敗。
制御不能の状態で、何とか着陸したが、地上に突っ込んで炎上ということのようです。





現場の様子



どうか、お一人でも多くの方が助かりますように。。。
posted by news2 at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。