「台湾と開戦すべし」…人民解放軍内でクーデター - 中国

「台湾と開戦すべし」…人民解放軍内でクーデター - 中国

これは、中国政府が、国民をこのように洗脳教育してきた結果でしょう。
いわば、自業自得。
何をいまさらあわててるのやら。

対外的には、毒ギョーザ、チャイナフリー等の問題もありまさに、内憂外患。

こんなところで、オリンピックなんて、恐ろしすぎ。


中国人民解放軍

中国 軍隊


中国の人民解放軍内で“クーデター”と呼ぶべき事態が発生していたことが6日、中国政府内部の証言で分かった。「台湾とただちに開戦すべし」と書いた血判書を北京、南京両軍区の若手軍人らが相次いで提出したのだ。
互いに連携したとは考えにくく、党中央は相当高位の黒幕が背後で
糸を引いたと判断、犯人捜しに乗り出した。五輪に向け、経済政策に
突き進む胡錦濤政権だが、国防という足元の火薬庫から火の手が上がった。
人民解放軍は地域ごとに7軍区に分かれているが、政府当局者によると、首都を守る北京、海峡を挟んで台湾と対峙(たいじ)する南京という最重要軍区で2月中旬、若手軍人らが「台湾とただちに開戦すべし」と自分たちの血で書いた実名の連判状を上層部に提出、軍の早急な決起を促した。
党を最も慌てさせたのが、示し合わせたかのように離れた軍区の若手が同時に同じ上奏をしたことだ。軍が権力を握ることがないよう軍区間の連携は固く禁じられており、これを飛び越すほどの有力者の暗躍をうかがわせた。
「台湾独立阻止のためなら武力行使を辞さず」との主張は党の方針であり、若手が勝手に暴走したといって不用意に処罰できず、中央は沈静化に頭を抱えている。

http://www.zakzak.co.jp/top/
2008_03/t2008030610_all.html
posted by news2 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88515887

この記事へのトラックバック
Google
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。